腰椎椎間板ヘルニアの原因 なぜ起こる?

腰椎椎間板ヘルニアになると、
通常起こるような腰の痛みではない激痛や、歩行が困難になったり、睡眠の妨げや、座っていることさえ苦痛を伴う脚の痛みやしびれなどが起こります。

腰椎椎間板ヘルニアになる通常の見解

  • 重い物を持つ、体をひねるなどの動作によって生じることが多い。
  • 特に、必要以上の力が背骨に加わると、椎間板の変形により発症する。
  • 椎間板の突出・脱出は、前後・左右に起こるが、特に後ろ側に多い。
  • 椎間板の断裂・盛り上がりや膨らみや突出によって、背骨を覆っている後縦じん帯や椎間板の外縁部分を層状に覆うように構成している線維輪が圧迫されると、座骨神経痛や感覚麻痺を生じる。

腰椎椎間板ヘルニアになる当院の見解

現代社会は、いろいろと生活をする上で非常に便利になっています。
例えば、通勤や通学または旅行や買い物など、出かける際に交通機関を利用しますよね。 電車を利用する場合、駅にはエスカレーター・エレベーターといった移動手段があり、歩かなくても階段を上がらなくても、ホームまで行けば、 電車に乗って会社や学校など目的地まで私たちを運んでくれます。

なんて便利に、また楽になったことでしょう。
私ももちろんエスカレーターもエレベーターも利用しますし、電車やバスも使います。

*

便利さを追求されるあまり、私たちはほとんど体を動かさなく(歩かなく)なりました。
体を動かさなくなると、腰が固くなってきます。
朝、起きる時も、固くなった腰で急に動き回っていませんか?
また靴を履くとき、屈む姿勢で急に腰を曲げると腰椎に負担を掛けてしまいます。
屈んだ姿勢から急に伸ばす行為で更に腰を痛める危険性があります。
更に、固くなった腰で重い荷物などを持つと、腰を痛める割合が大きくなります。

*

  • くしゃみや咳で椎間板ヘルニアに。
  • くしゃみや咳で腰の痛み又は脚の痛みにまで発症する。
  • ごく稀なケ-スとして笑いすぎて椎間板ヘルニアに。
  • デスクワ-クで落ちた書類を拾おうとしぎっくり腰を発症後、脚の痛みを伴う椎間板ヘルニアに。
  • 普通に歩いていたら脚に痛みを感じてきて、椎間板ヘルニアに。
  • デスクワ-クで座って仕事をしていたら、お尻から脚にかけて痛みが発症、座骨神経痛を伴った椎間板ヘルニアに。
  • 週1~2回ヨガをしていたら、腰からお尻と脚にかけて激痛が出て。椎間板ヘルニアに。
  • 月に1回程度のゴルフをしたら腰痛に加え脚の痛みが出て、椎間板ヘルニアに。
  • 週末のサッカ-で走っている時に腰痛になり、翌日の朝起きようとしたら脚の痛みとしびれが出て、椎間板ヘルニアに。

体操やストレッチをすると腰に痛みが出たり、脚に痛みが出るので止めてしまう。
「更に悪化するのではないか?」
「もっと悪くなると困るから!」
こんな思いから、安静にして痛みが治まるまで様子を見ることでしょう。

痛みで動けなくなるような状態であれば、しばらく安静にするべきです。
なぜなら、安静にすることで筋肉や神経の緊張が取れてくるからです。

さて、痛みが和らいだ時はどうでしょうか。
痛みが和らいだので、元の行為が始まります。

  • 急に起きて動き回る。
  • 靴を履くために急に屈んで腰を曲げる。
  • 急に腰を伸ばす。
  • 前回痛みが出てしまったので、体操・ストレッチをしなくなる。

これでは、良くなるはずがありません。

では、体を動かさなくなると、どういったことが起こるのでしょうか?

体の構造から知る、腰椎椎間板ヘルニアの原因

まずは、私たちの体の構造を知らなくてはなりません。

*

人は、骨格というものがあります。

骨格を形成しているのが頭・胴体・腕・脚ですね。
胴体には背骨・骨盤があり、背骨や骨盤には関節があります。
背骨には腰の曲げ伸ばしが出来るように椎間関節、骨盤には尾てい骨を中心に左右の腸骨との間に仙腸関節があります。
左右の腸骨には、それぞれ股関節があります。

関節を動かすには、筋肉を動かす必要があります。
筋肉の伸び縮みによって、脚を曲げたり伸ばしたりして、体が動くようになりますが、体を動かさなくなると筋肉が固くなるので、伸び縮みが困難になります。 脚の場合は、股関節の動きが極めて重要になってくるのです。

脚と腰は構造上つながっています。
股関節の動きが悪いと歩幅が小さくなるので腰の動きも悪くなります。
歩くには、足の指から足首。足首から膝。膝から股関節。股関節から骨盤。骨盤から腰椎へと動きを伝えています。股関節が固いと、うまく腰にその動きを伝えられないため、腰痛にもなります。
また、右脚と左脚の歩幅が変わると、背骨や骨盤の歪みが生じます。
腰には腰椎という骨があります。
腰椎には、腰椎椎間関節という関節があります。

*

腰の筋肉が固くなると、この腰椎椎間関節が動きません。
動きの悪くなった腰で屈んだ状態で物を持ったり、椅子などから立ち上がったりすると、腰に負担をかけてしまいます。
このように、背骨や骨盤の歪みに加えて腰椎椎間関節の動きが悪くなり、椎間板に影響をもたらします。


*

*


椎間板の役割と腰椎椎間板ヘルニアになるメカニズム

椎間板は軟骨の一種で、本来は弾力性があり、背骨に対して衝撃を和らげ、腰の動きを円滑にする役割も果たしているのです。

腰椎椎間板ヘルニアのメカニズムは、次の通りです。

  • 腰の筋肉が縮んで、固くなる。
  • 腰椎の椎間関節が、動かなくなる。
  • 椎間板が圧迫されて、固くなる。
  • 背骨や骨盤の歪みで、椎間板も歪む。
  • 圧迫と歪みによって、椎間板が変形して飛び出す。

なぜ腰椎椎間板ヘルニアになると、脚まで痛みが出るのか?

次に、なぜ腰椎椎間板ヘルニアになると、腰の痛みばかりか、脚の痛みやしびれにまで至ってしまうのでしょうか?
背骨には脊髄神経が通っています。
その背骨の一部である腰椎には、腰髄という神経があり、腰髄から骨盤を覆っている馬尾神経(バビシンケイ)という神経の束から、坐骨神経が足の先まで通っているのです。
腰椎椎間板ヘルニアになると、椎間板を構成する線維輪・椎間板付近にある後縦じん帯や神経根を圧迫して刺激をします。
椎間板ヘルニアが馬尾神経があります。 お尻に痛みが出る場合は馬尾神経を刺激すると、お尻の痛みに。
坐骨神経を刺激すると、お尻から足にかけての痛みやしびれがあなたを襲うのです。


対策についてはこちら


腰椎椎間板ヘルニアを改善させたいと思う方、相談したいと思う方はお電話を下さい。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ