横浜市の整体院 カイロプラクティック上大岡

for mobile

営業職の方の対策

[画像]営業職の方は、移動する時間が多いですよね。
書類などの入った重いカバンを持ちながら電車やバスを乗り継ぐ。
それに、歩くことも多いでしょう。
また、仕事で時間に追われながらも頑張っています。
とにかくストレスになる職業といっても過言ではありません。

ところで、あなたは肩こりや腰痛で悩んでいませんか?
もし、肩こりや腰痛を我慢して頑張っているとしたら、あなたの仕事に支障をきたしてしまいます。
肩こりや腰痛を我慢していると、ストレスにもなります。
ストレスを受け続けていると、頑張ろうにも頑張れなくなります。
さて、あなたはどのような対策をとっていますか?

じつは、移動中でも出来る対策ってあるのです。
その対策を誤ると、背骨や骨盤のゆがみを招きます。
背骨や骨盤のゆがみは、肩こりや腰痛の原因となります。
ここでは、肩こり・腰痛予防のための歩き方とカバンの持ち方。
それと、つり革のつかまり方についてご紹介します。

その歩き方!からだが歪みます

腰を曲げて・背中を丸めて歩いているとしたら、背中の筋肉が硬くなって背骨が丸まってしまいます。

だからといって、背骨は真っすぐが、いいわけではありません。
確かに背筋を伸ばして歩いているあなたは、シャッキとして元気そうに見えます。
いかにも、仕事が出来そうな印象を受けるのですが肩こりや腰痛になっていませんか?

背筋を伸ばしすぎると、背骨が伸びきるので背骨の間隔が少ない、詰まった背骨になってしまいます。これも、肩こりや腰痛の原因になります。

また、どちらかの足に重心が片寄っていませんか?
片方の足だけに重心が片寄っていると背骨と骨盤がゆがみます。

ゆがんだカラダは、肩こり・腰痛を招きます。

正しい歩き方でからだのゆがみを予防

正しい歩き方
まず、両足を腰の幅くらいに広げます。
踏み出す側のヒザを軽く曲げながら前に出します。
カカトからつま先へと重心を移動させます。
腰を左右にひねるようにして歩きましょう。
やや、後ろから押されている感覚で歩くと無理なく歩くことが出来ます。
そのカバンの持ち方が肩こりに
肩にかけていると、肩を上げてしまうので首と肩の筋肉が縮まってしまいます。
手に持つと内側に巻き込むので肩の筋肉がねじれてしまいます。
また、肘にかけて持つと、腕の前側の筋肉が縮んで固くなります。
カバンの持ち方によっては、肩こりの原因となってしまうのです。

バッグの持ち方で肩こり予防

肩にかけるとき
肩にかけるカバンは腰より上の位置にくるようにベルトの長さを調節してください。
腕とからだで挟むようにすると、カバンの重さが分散して負担が軽くなります。
手に持つとき
手に持つ場合は、肘をほんの少し外側にまわすと脇が締まります。
脇が締まると、肩の筋肉のねじれを防ぎます。
肘にかけるとき
肘にかけるときは、肘から先を内側に少しまわします。
内側にまわすことによって、肘と肩が安定しますから肩こり予防につながります。

つり革のつかまり方で肩こりと腰痛を予防

電車・バスを利用の方
ゆれる乗り物では、からだのバランスが取りにくいですよね。
出来るだけ、つり革やバーにつかまりましょう。
通常、つり革につかまるときは、親指が顔の手前に来るかと思います。
このつかまり方では、ゆれるたびに体がねじれたり、反りすぎたりして体勢がくずれてしまいます。
体勢がくずれるのは、肘や肩が動きやすいため、体が不安定になっているからです。
不安定な体では、ゆれるたびにバランスを保とうと無理な力が加わります。
カラダに無理な力が加わると、背骨や骨盤がゆがみます。
ゆがんだ体は、肩こりや腰痛の原因となってしまいます。
つかまり方を変えて、ゆがみを予防する
体勢をくずさずに背骨や骨盤のゆがみを防ぐつかまり方があります。
手のひらが顔に向くように持ってみましょう。
たった、これだけのことです。
この、つかまり方にすると肘と肩が固定され脇が閉まります。
それによって上半身が安定し、また体も安定します。
もう、無理な体勢をする必要はないのです。
これで、あなたは体のゆがみを予防できることでしょう。

それでも、よくならない場合はご相談をうけたまわります。




問合せ・ご予約はコチラ



当院のご紹介

対応症状

お仕事別対策

その他コンテンツ



椎間板ヘルニアの治療実績を元に確かな 施術にて、動ける体を取り戻しましょう!
横浜市港南区大久保1-17-1
クリエール上大岡101
0.問合せ 045-847-5793
横浜市の整体院 カイロプラクティック上大岡