【ご予約】TEL:045-847-5793

パソコンワークと事務作業の方の対策

今やパソコンは、仕事をするうえで欠かせない必需品になりました。
一昔前と比べると情報処理のスピード、量、仕事の効率も格段と上がりました。
それに伴って、肩こりや腰痛など身体の症状が増えているのも事実です。
あなたは、対策を取っていらっしゃいますか?

浅く腰掛けた姿勢が体の歪みを招く

あなたは、浅く腰掛けて背もたれに寄りかかった楽な姿勢で仕事をしていませんか?
この楽な姿勢が、実は背骨や骨盤の歪みを招くので体にとって良くありません。
長い時間、座っていると姿勢を維持しようと筋肉は緊張した状態が続きます。
緊張した筋肉は、血流が悪くなるので肩こりや腰痛などの症状につながります。

浅く腰掛けた姿勢は、肩より頭が前に出て首や背中に負担がきます。
また、腰から背中を丸めると腰痛の原因になります。
肩こりや腰痛を我慢していると、背骨・骨盤の歪みから椎間板を歪めてしまいます。
座るとお尻や脚の痛みを感じている方は、すでに腰椎椎間板ヘルニアの症状がでているかもしれません。
キーボードを打つときに肩に力が入るとこれも首の痛みや肩こりの原因になります。
腕に痛みや痺れのある方は、頚椎椎間板ヘルニアの疑いがあるかもしれません。

それと画面を見るときにも注意が必要です。
画面に顔を近づけ過ぎると、目に負担をかけるので視神経から三叉神経が緊張して目の痛み・チカチカするといった症状は、頭痛の原因となります。
文字を追いながらキーを早く打つとめまいの原因にもなります。
これら、いくつか症状のある方は自律神経が乱れているかも知れません。

座り方と作業の仕方を見直してみませんか?

誤った座り方

  • 浅く腰掛けて、背もたれに寄りかかり背中が丸まっている。
  • 机・パソコンの画面に対して斜めに座っている。
  • 顔が下向きになっている。
  • 顔を画面に近づけている。
  • 机と椅子の高さが合っていない。
  • 床に両足がぴったり着いていない。

など背骨や骨盤のゆがみを招くので肩こりや腰痛の原因になります。

正しい座り方

  • 背筋を伸ばしたまま、腰を後ろへ引いてから座る。
  • 脚の付け根に重心を掛ける。
  • 机・パソコンの画面に対して体が正面に座る。
  • 机の上に肘と手首が平行になるようにする。
  • 机と椅子の高さを合わせる。
  • 脚の裏がピッタリと床についている。

続いて肩こりや腰痛を防ぐ作業の仕方についてです。

作業の仕方

  • 50cm以上画面から目を離しましょう。
  • パソコン作業は、30分~1時間以内に留めましょう。
  • 一旦、席を外してリフレッシュしましょう。
  • 合間に眼を閉じて休めるようにする。
  • 肩や腕の力を抜いて作業をしましょう。
  • 休憩を入れて、深呼吸しましょう。

ほんのちょっとしたことで、あなたの症状は軽くなるのです。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ