60・70歳代からの腰痛・脚(足)の痛み・しびれでお困りの方へ

脊柱管狭窄症の症状・施術・原因

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とは?
背骨の中に脊髄神経が通っているのですが、その通り道である管を脊柱管といいます。
その脊柱管は、椎間板の圧迫や変形によって狭くなり脊髄神経を圧迫します。
そのため、腰痛や脚の痛み・しびれなどの症状となります。
このような症状を脊柱管狭窄症といいます。

脊柱管狭窄症の特徴や症状

脊柱管狭窄症には、特徴があります。

  • 中高年に多くみられる症状です。
    数分程度、歩くと腰や脚の激痛で歩行が困難な状態になりますが、しばらく休むと痛みが和らいで、再び歩けるようになります。
    この状態を、間欠跛行(かんけつはこう)といって脊柱管狭窄症の特徴です。
    立つ姿勢は、腰を伸ばすと痛みが強く出るので、腰を曲げた姿勢になります。

脊柱管狭窄症には、どのような症状が表れるのでしょうか?

  • 腰痛とお尻から脚の痛みやしびれなどの坐骨神経痛のような症状です。
    また、ひどく進行すると温感や圧痛などの感覚障害を起こします。
    排尿や排便が損なわれることもあります。
    ただ、稀に痛みがない状態のこともあります。

脊柱管狭窄症は、椎間板の圧迫と変形によって脊髄神経が圧迫されることで腰痛や脚の痛み・しびれの症状が出ます。
あなたは、病院での治療に満足されていますか?

通常、病院では電気・牽引などの治療を施します。
それでも改善されない場合は、痛み止めの飲み薬・座薬・神経ブロック注射などの処置を行います。
更に改善されない場合は手術となるでしょう。

薬や神経ブロックなどでは、痛みを和らげるだけ、また手術は椎弓切除(ついきゅうせつじょ)といって変形した骨を削りますが、これでは、本当に脊柱管狭窄症が改善されないのです。

なぜなら、薬や手術での処置では椎間板の圧迫や変形が改善されないからです。
また、椎間板の圧迫や変形の原因となっている、背骨や骨盤のゆがみが改善されないからです。

  • 脊柱管狭窄症の改善の兆しが見えない方。
  • 手術を進められているけど不安な方。

は、当院の施術法が有効かと思います。

脊柱管狭窄症の仕組み・対策・施術法を正しく理解すれば、それほど恐れるものではありません。正しく理解して克服していきましょう。

脊柱管狭窄症は、可動式牽引ベッドでの施術が有効です。

病院の牽引と当院の牽引との違い

では、病院と当院の牽引はどこが違うのでしょうか。

病因の牽引

病院では、骨盤にベルトを巻いて牽引しますが果たして、適確に椎間板を牽引することが出来ているのでしょうか?
腰の筋肉が固まっている状態なので効果は、ほとんど得られないと思います。

また、ただ牽引するだけで背骨や骨盤の歪みとからだの動きは、よくなるのでしょうか?
これで、脊柱管狭窄症による腰や脚の痛みの症状が解消されて歩くことが出来るのでしょうか?

当院の牽引

狭窄(圧迫)している部分に、直接牽引が可能だから効果が断然違います。
なぜ効果が違うのかというと、特殊な可動式牽引ベッドを使い、私の長年の経験で培われた方法を使うからです。
牽引時の動画を見ていただければ分かりますが、これは患者さんに付ききりで手作業により行われます。
病院のように、牽引の機械にかけたら、あとはほっとくようなことはいたしません。
目的の場所がきちんと牽引されなければ、脊柱管狭窄症は改善しないのです。

この目的の場所、つまり圧迫・変形している椎間板を直接牽引することによりそれらを修復して、腰痛や脚の痛み・しびれを改善させるのです。

脊柱管狭窄症の原因となる椎間板の圧迫・変形と背骨・骨盤のゆがみを調整することで体の動きも改善できます。

可動式牽引ベッドの特徴

当院の牽引では、可動式牽引ベッドを使用します。

可動式牽引ベッドの特徴は、

  1. ベッドの角度を調整できます。
    痛みが和らぐ角度で牽引できます。

  2. ベッドが振り子のように上下に振り動きます。
    振り動き運動で、筋肉をほぐし、椎間板の動きもよくなります。

  3. 椎間板を適確に牽引できます。
    つぶれた椎間板を牽引することで、狭窄している脊柱管がひろがり神経の圧迫から解放されます。

  4. ベッドが左右に曲がります。
    片側の痛みにも適確に対応できます。

  5. 背骨や骨盤のゆがみを整えます。
    背骨や骨盤の歪みを整えてからだの動きをよくします。


可動式牽引ベッドでの脊柱管狭窄症の施術法

横向き・またはうつ伏せでベッドをくの字に腰を丸めた姿勢にします。
腰を丸める姿勢は、脊柱管(せきちゅうかん)が広がりますので、神経の圧迫から解放されて痛みが和らぎます。

施術の手順
1. 硬くなった背中・腰・臀部(でんぶ)・脚の筋肉がほぐします。

2. 狭窄している腰椎の靭帯と椎間板を牽引しながら振り動かします。
牽引時の動画はこちら

3. 変形した靭帯と椎間板を柔らかくします。

4. 靭帯と椎間板を牽引することで脊柱管を拡げます。

5. 痛みが和らいできたら、背骨や骨盤のゆがみを整えていきます。

痛みが取れてくるにしたがって、5分・10分・30分と続けて歩けるようになります。

脊柱管狭窄症の患者さんの声

画像をクリックすると大きくなります。

脊柱管狭窄症で悩まれていた、その他の患者さんの声はこちら


施術後に実行していただきたい対策方法はこちらです。

治療後に、何もしないのでは回復が遅れるだけです。
また間違った対策は、症状をこじらせてしまいます。

対策

  • あまり動かないで安静にしていましょう。
  • 寝る体勢は、痛みが和らぐ横向きがよいでしょう。
  • うつ伏せで寝る場合は、下腹部に枕かクッションを入れてみましょう。
  • コルセットを巻きましょう。(金属の板が入っていないもので充分です)
  • 就寝の際もコルセットをしましょう。(両手の指が入るくらいで)
  • 無理して腰を伸ばさないようにしましょう。
  • 椅子に長い間、腰掛けないようにしましょう。
  • 痛みが強いときは、運動や体操を控えましょう。
  • 起きるときは、横向きになってからゆっくり起きましょう。

腹筋や背筋を鍛えると、かえって悪化する場合がありますのでお勧めできません。
運動や体操は痛みが和らいできたら、無理せずに体を慣らす感じで少しづつ始めましょう。


脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は、突然なるものではありません。
日常生活に原因が潜んでいるのです。

  • パソコンワークで長い時間、座っていることが多い。
  • 重い荷物を持つことが多い。
  • 運送関係で荷物の配送をしている。
  • 腰から曲げて前かがみで作業をしている。
  • 椅子に浅く腰掛けて、腰を丸めている。
  • 長い時間の立ち仕事をしている。
  • 毎日、車を運転している。
  • 転倒して腰を打ったことがある。
  • 腰痛やぎっくり腰・坐骨神経痛または椎間板ヘルニアなどを経験したことがある。

また、上記のほかに加齢とともに脊柱管狭窄症になることもあります。

脊柱管狭窄症の種類

脊柱管狭窄症にも種類があります。
種類によって、症状や痛む場所も違います。

種類

  1. 神経根型
    主に片側の神経根が圧迫されるので片方の脚に痛みやしびれがあります。

  2. 馬尾型
    馬尾神経が圧迫されると臀部や脚の痛みを起こします。
    ひどくなると、排尿障害や感覚麻痺の症状になることもあります。

  3. 混合型
    神経根と馬尾神経が圧迫されて複数の痛みやしびれが存在します。
    ひどくなると、排尿障害や感覚が麻痺(まひ)するなどの症状があります。

脊柱管狭窄症のチェック表

チェック

  • 歩くと脚が痛くて歩くことが出来ないが、休むと歩くことが出来る。
  • 脚の張り感で仰向けに寝ることが出来ない。
  • 座るとお尻の辺りが痛くて座れない。
  • 腰を伸ばすと痛みがある。
  • ぎっくり腰を繰り返す。
  • 腰を曲げると痛みが和らぐ。
  • 脚に痺れがある。
  • 腰を曲げないと立っていられない。
  • 脚の感覚が鈍い。
  • 足が冷える。
  • 排尿・排便がしにくい。

(注)脚の感覚がない方・排尿・排便障害のある方は、病院で検査をしてもらって下さい。

施術間隔や期間は、個人差があります。
脊柱管狭窄症の場合、改善するまで少し期間が必要になる場合もあります。

脊柱管狭窄症を改善させたいと思う方、相談したいと思う方はお電話を下さい。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ