【ご予約】TEL:045-847-5793

めまい

めまい誰にでも起こるめまい。しかし、ほとんどが原因不明。
だれでも一度は、めまいの経験があるかと思います。
なかには激しいめまいや吐き気を伴うようなめまい、また何度も繰り返す人も実際にいるようです。
いつまた、めまいが起こるのか不安で外出をためらう人もいます。
しかし耳や脳の検査をしても異常がないといわれる人が多いのも事実です。
原因には、耳や脳、別の病気に関連している場合やストレスや不規則な生活習慣などがあります。

めまいの症状は、4つの特徴があります。

  • グルグル目が回る 回転性めまい
    自分自身や周辺がグルグル回っている感じがします。
    ふらついて、まっすぐ立っていることや歩くことができないなど、その場で座り込んでしまうこともあります。

    メニエール病・前庭神経炎・内耳炎・頸性めまい・椎骨、脳低動脈不全・脳出血・脳梗塞などがあります。

  • ふわふわする 動揺性めまい
    動揺性めまいは、頭がフワフワとまるで雲の上に乗っている感じがします。
    まっすぐ立っていることや歩くことができます。

    メニエール病・内耳炎・突発性難聴・聴神経腫瘍・脳血管障害・高血圧・低血圧、心因的なストレス・過労などが原因です。

  • ふらふらする 平行失調性めまい
    通常起こるめまいとは違った感覚で起こるめまいです。
    体の平衡感覚が取りにくく、歩行中でも左右にふらふらします。
    このような症状は、座っていても起こることがあります。

    メニエール病・良性発作頭位めまい症・内耳炎・外リンパ漏・聴神経腫瘍・脳血管障害・加齢・薬・アルコールなどがあります。

  • 視野が狭くなる・目の前が暗くなる 立ちくらみ
    立ち上がるときや長い時間立っていると、視野が狭くなって目の前が暗くなります。
    この立ちくらみもめまいの一種と考えてもよいでしょう。

    骨折などのケガ・胃や腸の出血・脳出血・脳梗塞・高血圧や低血圧・ストレス・疲労などが原因です。

めまいは、必ず目に表れます。

めまいが起こるときには、必ず眼振という状態があらわれます。
眼振とは、目が震える状態を言います。
水平方向に震えることを水平眼振といい、立てに震えることを垂直眼振と言います。
垂直眼振は、中枢性(脳神経)の可能性が高いので脳神経外科で受診される必要があります。

耳

耳は、音を聞く以外に体のバランスを保つ役割もしています。

耳は、外耳・中耳・内耳に分けられます。

耳

耳

1.骨導 2.外耳道 3.耳殻(耳介)
4.鼓膜 5.前庭窓 6.ツチ骨
7.砧骨 8.アブミ骨 9.三半規管
10.蝸牛 11.聴神経 12.耳管
1.骨導 2.外耳道 3.耳殻(耳介)
4.鼓膜 5.前庭窓 6.ツチ骨
7.砧骨 8.アブミ骨 9.三半規管
10.蝸牛 11.聴神経 12.耳管

そのうち、体のバランスの働きは、内耳というところに関わっています。
音を感知する蝸牛以外のところは、前庭という平衡感覚を保つ器菅である三半規管と耳石器というのがあります。

脳三半規管は、頭を左右に前後に動かしたときにどれくらいの速度で、どの方向に傾いているかを感知します。
耳石器は、重力や遠心力・速度を感知してそれらの情報を前庭神経から脳幹、小脳へと伝えられます。
最終的に小脳で平衡感覚の調整や指令は行われます。

脳

平衡感覚を脳へ伝える内耳の働き

体の傾きをとらえた三半規管から耳石器で感知して、前庭神経から脳幹・小脳へと伝えられます。

耳の構造

めまいの原因は、耳と脳にあります。

耳が原因のめまい

  • 耳石の混入 良性発作性頭位めまい症(BPPV)
    起き上がったときや横になったとき、寝返りや、上を見上げたときなどにめまいが表れます。
    頭を動かすときにグルグルと目が回りますが数秒から数分程度で治まります。
    原因は、内耳の前庭という頭の傾きや重力を感じ取る器官にある耳石が脱落して半規管内で移動するのでめまいが生じます。
    軽くふらつく程度のめまいもありますが、激しいめまいを起こす場合では吐き気やおう吐を同時に伴うこともあります。
    眼振は、水平方向に現れます。

  • 内耳のむくみ メニエール病
    メニエール病の症状は、激しく回転するめまいで、突然起こります。
    数分から数時間にわたって続くので、ふらついて立っていられなくなったり歩くことができなくなります。
    めまいと同時に吐き気やおう吐、頻脈、冷や汗、顔面蒼白を伴うこともあります。
    原因は、内耳にリンパという液体があるのですが、増えすぎると内耳がむくんでめまいを起こします。
    眼振は、水平方向に現れます。

  • 神経の炎症 前庭神経炎
    周辺がグルグル回る強いめまいが突然起こり数日続きます。
    その間は、立つことも歩くこともむずかしく、吐き気やおう吐を伴います。
    症状は、数日で治まりますがフワフワ感やフラフラ感は残ります。
    完全に治まるまでは、数ヶ月かかることもあります。
    内耳から脳に平衡感覚を伝える前庭神経の炎症でめまいが起こります。
    前庭神経炎は、風邪を引いた後に現れ、原因はウィルス感染や血液の循環障害で炎症が起こると考えられます。
    頚性めまいもその1つです。
    眼振は、水平方向に現れます。

  • 髄液の漏れ 外リンパ漏
    ふらつく程度のめまいやグルグルと目が回るめまいが起こります。
    内耳の中のリンパ液が中耳に漏れ出してめまいを起こします。
    中耳と内耳の間には、内耳窓という膜で仕切られているのですが、この膜が破れて内耳の中のリンパが漏れ出します。
    めまいは、髄液(脳を保護している液体)が内リンパ腔に漏れてしまうとめまいが起こります。
    眼振は、水平方向。

  • 内耳の炎症 内耳炎
    グルグルする回転性めまいが起こります。
    初めは、軽いめまいや難聴、耳鳴りが生じます。
    中耳の炎症が続くと内耳にまで炎症が広がります。これが内耳炎の始まりです。
    進行すると、聴力が低下して回転性めまいを伴います。
    めまい自体は慣れて症状は治まってくるのですが、進行した難聴は回復が困難になります。
    内耳には、痛みを感じる神経がないので炎症が起こっても痛みはありません。
    内耳炎を引き起こした中耳炎による痛みは感じられます。
    眼振は、水平方向。

脳が原因のめまい

  • 脳の構造脳血管障害 脳出血・脳梗塞
    フワフワ感やふらつき感のようなめまいが現れます。
    脳血管障害の場合は、めまいに伴い手足のしびれやマヒなどの感覚障害やろれつが回らない、ものが飲みにくくなる嚥下障害、物が二重に見える、視野が狭くなる視覚障害、意識が薄れるといった意識障害などがあげられます。
    脳出血では、激しい頭痛やおう吐を伴います。
    悪性発作頭位めまい症も、脳が原因です。
    眼振は、水平・垂直方向に現れます。

  • 脳への血流障害 椎骨・脳低動脈循環不全
    グルグルするめまいのほか、くらくら感やふらつき感のめまいが起こることもあります。
    首をひねったり、顔を急に上や下へ向けるときに首の動脈や脳の動脈が圧迫され、血流が悪くなるのでめまいが起こります。
    めまいなどの他に手足のしびれ、頭痛、目の疲れ、舌のもつれや物が二重に見える、霧がかかったように見えるなど視覚障害や意識が遠のくなど意識障害をともなうこともあります。
    このような症状は、中枢神経性めまいで小脳や脳幹に影響が及ぶので緊急を要します。
    眼振は、垂直方向に現れます。

  • 頚椎の動脈の圧迫 頸性めまい
    頸性めまいは、首を回転させたり、後ろに反らせたりするときに首の動脈が圧迫されることで内耳や脳への血流が悪くなってめまいを起こします。
    めまいのほかに、頭痛や吐き気、手足のしびれや冷感などの症状も伴います。
    椎骨・脳低動脈循環不全と症状の表れ方は似ているのですが、頸性めまいは、動脈硬化ではなく頚椎のゆがみなどによるものです。
    眼振は、水平・垂直方向です。

めまいの対策・予防

  • めまいがしたら、すぐに横になって休みましょう
    しばらく様子を見て病院で受診をしてください。
  • 首を前後左右にゆっくり動かしましょう
  • コーヒーや緑茶などカフェインを控えましょう
  • ウォーキングや体操で三半規管を調整しましょう
  • せかせか・焦らないで心にゆとりを持つ
  • 朝食をしっかり取りましょう
  • 就寝、起床時間を決めましょう
  • 悩みがあったらストレスになります。身近な人に相談をしましょう
  • 疲れを感じたら、ゆっくり休みましょう
  • お風呂から急に出るのはやめましょう

体のゆがみもめまいを起こす

からだの歪み肩こりや首のこりもめまいの要因になります。
背骨や骨盤のゆがみがあると、からだのバランスが取りにくく、平行失調が起こりやすくなります。
そのままにしておくと、脳が間違った情報を記憶してしまうので、めまいを引き起こしてしまう可能性もあります。

めまいの施術

めまいを治すには、体のゆがみを治さなくてはなりません。
なぜなら、背骨や骨盤のゆがみで目の動きが片寄ってくるからです。
目がからだの傾きを調整しようとするので眼振が起こります。
そのときにめまいが生じるのです。
背骨と骨盤のゆがみは、頭がい骨の筋肉にも影響を与えます。
頭がい骨の筋肉がゆがむと、耳に関連する側頭骨や顎関節にゆがみを引き起こします。
体のゆがみを調整することで、内耳の血流やリンパの流れが良くなりめまいが改善されるのです。

ストレス
私たちの身の回りにある多くのストレスもめまいの原因の1つです。
詳しくは、「ストレス」をご覧ください。

自律神経
耳や脳などが原因であっても、めまいの多く自律神経の乱れによって起こります。
詳しくは、「自律神経」をご覧ください。

自律神経失調症
自律神経失調症は、めまいの症状があらわれやすくなります。
詳しくは、「自律神経失調症」をご覧ください。

目の前が暗くなる・意識がなくなる・激しい頭痛や吐き気が伴うめまいは、脳梗塞や脳出血の疑いがあります。
緊急を要するので、まずは脳外科で検査を受けてください。
お腹の激しい痛みなどがある場合は、内科で検査を受けてください。
耳に異常があるようなめまいは、耳鼻科で検査を受けてください。

それでも異常がなければ、当院へご相談のお電話を下さい。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ