【ご予約】TEL:045-847-5793

自律神経失調症

自律神経失調症とは?
不規則な生活習慣や働きすぎなどによって、交感神経と副交感神経の切り替えが出来なくなるために、さまざまな症状があらわれることを自律神経失調症といいます。

自律神経失調症は、まず身体にあらわれます。
肩こりや腰痛に頭痛やめまいなどの症状が身体に変調をきたします。

自律神経は、身体のあらゆる部分に張りめぐらされているのでいろんな内臓や器官に影響を与え症状も一定ではありません。
肩がこる、頭痛がする、お腹が痛いという場合もあります。
また、人によって訴える症状が違います。
Aさんは、疲れやすくてめまいがする。
Bさんは、肩がこって吐き気があるように症状は、さまざまです。
それに症状があらわれたり、消えたりもします。

さらに我慢したり感情を抑えこんでいると、イライラしたり感情の起伏が強くなって心身のコントロールも利かなくなってきます。
このように、とらえどころのない症状なので周囲の人に理解してもらえません。
周囲に理解してもらえない辛さが自律神経失調症の特徴です。

自律神経失調症は、交感神経が過剰に働いている

自律神経失調症は、日中に強いストレス(過度な緊張)を感じると交感神経が過剰に働くので、夜になっても交感神経の働きが治まりません。
また休むために働く、副交感神経が働かなくなります。
眠れない・途中で目が覚めるという方は、このように交感神経と副交感神経の乱れが生じているからです。

自律神経が乱れる原因

  • 不規則な生活
    間食・夜更かし・不規則な就寝・夜間の勤務などの生活習慣

  • 環境の変化
    暑さ寒さによる気温や湿度。気圧などの急激な変化。
    転勤や移動で生活の環境変わる。
    騒音なども原因になります。

  • 精神的なもの
    仕事・人間関係などの悩みや不安も原因になります。

  • 身体的なもの
    ケガや病気によって苦痛を伴なうもの。
    背骨や骨盤のゆがみもその1つであります。

  • 食べ物など
    栄養の過不足。甘いものや辛いもの、しょっぱい食べ物。
    薬品なども自律神経が乱れる原因でもあります。

  • 体力
    病気や疲れていると、体力を消耗します。
    そのときに働くと自律神経が乱れます。

自律神経失調症による各器官の症状

各器官に現れる症状は、交感神経と副交感神経がうまく働かなくなるときに起こります。

頭痛がする、頭が重いなど
血管が収縮することで血液の流れが悪くなって筋肉が緊張して頭痛や頭が重くなります。〈交感神経が緊張〉
目が疲れる・なみだ目になる・チカチカする
テレビやパソコンや本などを見すぎると目の神経が緊張して血液の流れが悪くなって目が疲れたり・チカチカしたりします。〈交感神経が緊張〉
耳鳴り・耳が詰まる
耳周辺の血管の収縮によって血流が悪くなって、耳菅というところの筋肉が収縮するために耳鳴りなどの症状が起こります。〈交感神経が緊張〉
口が渇く・味覚異常・口の中が痛い
口の渇きは、極度に緊張するなど精神的による影響です。
味覚は、疲れのために味覚が鈍くなったり・苦く感じたりします。
また、舌がザラザラ・ピリピリするのも精神的なストレスがあるようです。〈交感神経が緊張〉
のどのどが詰まる・イガイガ感・圧迫感
のどまたは、食道にかけて異物があるような感じがして物が飲みにくかったり、つかえてしまうような症状があります。〈副交感神経が緊張〉
呼吸器息苦しい・息切れ
気管支の筋肉が緊張し、胸の苦しさや息切れなどの症状が出てきます。〈副交感神経が緊張〉
心臓・血管系動悸・胸の圧迫感・めまい・のぼせ・冷え・血圧
主に心因性のストレス加わることで脈拍が速くなって動悸がしたり、血圧の変動や冷えやめまいなどが起こります。〈交感神経が緊張〉
消化器吐き気・お腹が張る・腹痛・便秘・下痢
吐き気や腹痛・便秘などになります。〈交感神経が緊張〉
緊張すると下痢になります。〈副交感神経が緊張〉
泌尿器頻尿・尿が出にくい・残尿感
水分を取りすぎたわけでもないのに、気になって何度もトイレに行きたくなるといったことも自律神経の影響があります。
精神的によるものが大きいようです。
通常は、副交感神経が働くと排尿がおこり、排尿が終われば交感神経が働いて閉尿します。〈交感神経が緊張〉
生殖器生理不順・インポテンツ
女性の場合は、自律神経とホルモンの密接な関係があります。
生理不順は、心配事や悩みなどのストレスでホルモンの分泌に作用して、性周期に影響を及ぼします。
男性の場合は、インポテンツになります。〈交感神経が緊張〉
筋肉・関節肩こり・体の強張り
気分が不安定なときや緊張しているときに肩こりの症状があらわれます。
体の強張りは、緊張が全身に現れます。血管を収縮する交感神経と血管を拡張する副交感神経の切り替えがうまく働かない状態です。〈交感神経が緊張〉
しびれ・冷え・ほてり・レイノー症状
寒いときに指先が真っ白になるレイノー症状は、交感神経が働きすぎたことによる症状です。
ストレスなどの影響によって、交感神経と副交感神経による血管の収縮・拡張の切り替えがうまくいかなくなることで血行が悪くなり、手もしびれや冷え・ほてりなどの症状が起こります。〈交感神経が緊張〉
しびれ・冷え・ほてり
交感神経と副交感神経による血管の収縮・拡張の切り替えがうまくいかなくなることで血行が悪くなり、しびれやひえなどの症状が起こります。
特に女性の場合は、ホルモンの分泌が低下してくると、冷えやほてりなどの症状が起こりやすくなります。〈交感神経が緊張〉
精神症状不安感・イライラ・集中力低下・意欲低下
精神症状があらわれるときは、自律神経が大脳辺縁系や大脳新皮質に影響を与えることがあります。
不安感や恐怖感に襲われたり、無気力や何をしても興味がない・何もする気がおきないなど、仕事や生活に支障をきたしてしまいます。〈交感神経が緊張〉

自律神経失調症のチェック

該当する数を数えてください。
チェックの数が多かった方は、自律神経が乱れているので自律神経失調症の可能性が高くなります。

  • めまいや耳鳴りのするときが多い立ちくらみをよく起こす。
  • 胸が締め付けられるような感じがする。
  • 心臓の鼓動が急に早くなる(ドキドキ・バクバク)
  • 脈拍が飛ぶようなことがある。
  • 息苦しい感じがある。
  • 夏でも手足が冷える。
  • よく下痢や便秘をする。または、繰り返す。
  • 肩こりや腰痛がよくならない。
  • 手足がだるくなる時がある。
  • 顔だけ汗をかく。手足だけ汗をかく。
  • 顔が火照る。
  • 朝、起きる時ダルイ感じがある。
  • 外や屋内でまぶしさを感じる。
  • 寝ても寝ても寝たりない。
  • 寝付けない。途中で目が覚める。朝方、目が覚める。
  • 夢を頻繁に見る。(追いかけられる・うなされる・金縛りは要注意)
  • 咳がよく出る。(冷たい空気を吸ったときなど)
  • 飲み込みづらい時がある。のどの違和感。(引っかかる・ザラザラ感)ろれつが回らない。

さて、あなたはいくつ該当しましたか?

チェックの解説
0~1個
あなたの自律神経は正常でしょう。大丈夫です。
2~3個
あなたの自律神経は乱れかけています。
生活の改善が必要でしょう。
このままだと、自律神経失調症になる可能性があります。
4~6個
要注意!自律神経失調症になりかけています。
7個以上
すぐに休息を取って出来るだけ早く専門家に相談してください。

自律神経失調症の治療

自律神経失調症の方は、呼吸が浅くなっています。
楽に呼吸が出来るようにします。
呼吸が改善されだすと過剰に働いている交感神経が抑制されて副交感神経の働きがよくなります。
その結果、痛みや各症状が軽くなってきます。


胃の調整
(胃の緊張をとっている所です)


側頭部の調整
(脳の血流が良くなります)


胸の筋膜調整
(胸の圧迫感を軽減しています)

うつ病
自律神経失調症をそのままにしておくとうつ病になってしまいます。
詳しくは、「うつ病」をご覧ください。

自律神経
自律神経失調症は自律神経の乱れから起こします。
詳しくは、「自律神経」をご覧ください。

ストレス
私たちの身の回りにある多くのストレスも自律神経失調症の原因の1つです。
詳しくは、「ストレス」をご覧ください。

自律神経失調症が悪化するとうつ病になる確率が高くなります。
自律神経失調症かな?と思われる方。仕事や生活で不安や悩みのある方。相談したいと思う方はお電話を下さい。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ