腰痛・脚(足)の痛み・しびれで気になる方へ

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、
手術をしなくても良くなるのをあなたはご存知ですか?

椎間板ヘルニアは頚椎(けいつい)椎間板ヘルニア腰椎(ようつい)椎間板ヘルニアの2種類があります。

このページでは腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)を取り上げます。

頚椎椎間板ヘルニアは、こちら

あなたは、イスに座ると腰がジンジン痛いと感じてないでしょうか?
立つとき、歩くときに腰や脚に痛みやシビレといった症状がありませんか?

その症状は、腰椎椎間板ヘルニアかもしれません!

椎間板ヘルニアの症状によって、あなたのお仕事や生活に支障をきたしているのではないでしょうか?
また、仕事を休んで安静にしていても改善されない。
薬を飲んでも改善されないで不安に思ってはいませんか?
もう、良くならないのではないかと決め付けて将来を悲観しているのではないでしょうか?
悩んでも悲観しても始まりません。
まず、腰椎椎間板ヘルニアの仕組みを理解うえで、的確な治療を行えばよいのです。

腰椎椎間板ヘルニアの特徴や症状そして原因

腰椎椎間板ヘルニアには、特徴があります。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛に加えて腰から脚の痛みやシビレを伴う症状です。
腰椎や骨盤のゆがみなどによって、クッションとなる椎間板が変形します。
変形した椎間板は、硬くなり元に戻らなくなってその位置からはみ出してくるのです。
はみ出した椎間板が周辺の血管や神経を刺激するので、坐骨神経痛のような痛みやしびれの症状が現れます。
ヘルニアになりやすい場所は、主に腰椎3~5番です。
特に30~40代の年齢に多いのですが、最近は10代の若年層でもみられます。

腰椎椎間板ヘルニアには、どのような症状が表れるのでしょうか?

腰痛を伴った脚の痛みや痺れなどの症状があります。
初めは、お尻から膝の裏まで張るような・筋肉痛のような痛みから、焼けるような痛みやジンジン・ジワ―としたしびれが現れます。
その症状は、次第に膝から足首に掛けて、すねやふくらはぎの辺りにも広がって足首から指先まで坐骨神経痛の症状になります。
この頃になると、あまりの激痛のために眠れなって睡眠不足にもなるのです。さらに歩くのでさえ辛くなってきます。
また、血行が悪くなって足先が冷えることもよくあります。
こじらせてしまうと、麻痺して感覚が鈍くなって歩くことができなくなります。

腰椎椎間板ヘルニアは、突然なるものではありません。
腰痛ぎっくり腰がきっかけになることもあるのです。

腰椎椎間板ヘルニアは、普段の生活に原因が潜んでいるのです。

仕事で
長い時間立つ仕事をされている、または車に乗ることが多い。
椅子に腰掛けている時間長く、しかも浅く腰掛けている姿勢とっている。
腰を曲げた姿勢で荷物を持つことが多いことも原因です。
椅子から立ち上がるときや書類などを拾うときなども原因と考えられます。
日常生活で
また、日常生活の中でも原因があります。
まっすぐ足を伸ばして座っていませんか?
横座りをしたり、足を組んで座ったりしているなどが原因としてあります。
顔を洗うときに前かがみになっていないでしょうか?
お掃除で腰を曲げている、洗濯物を干す際に腰を反らしすぎも考えられます。
ほかに咳やくしゃみが原因となることもあります。
スポーツで
スポーツや運動でよくあることですが、テニスやゴルフ・野球にサッカーなどで体をひねるのも原因の1つです。
バレーボールやバスケットボールなど、ジャンプして着地の際に腰に負担を掛けています。
あなたは、過去にスポーツをされていませんでしたか?
現在、スポーツや運動をされているあなた、腰が気になっていませんか?
これらの生活習慣からヘルニアになりやすい傾向があります。
すでに腰痛のある方やぎっくり腰を経験したことのある方は、要注意ですので早目に施術が必要です。

当院は、椎間板ヘルニア治療で定評があります。

なぜなら、わたし自身が椎間板ヘルニアになったことがあり、そして克服しました。
その時の経験を生かすことができるので椎間板ヘルニアの仕組みに詳しいのです。

椎間板ヘルニアの治療においては通常、病院では電気・牽引などを施します。
また、痛み止めの飲み薬・座薬・神経ブロック注射などの処置を状況に応じて行います。

しかし、薬や神経ブロックなどは痛みを和らげるだけでヘルニアを改善することは、ほとんどありません。

あなたは、病院でお薬だけ頂いて、「安静にしてください」と言われるだけで何時間も待たされた挙句に、何も処置してくれないなんて事があったのではないでしょうか?
しかも、いつ行っても「様子を見ましょう」と言われるだけで適切なアドバイスも何もないまま帰される…
痛みがつらくて病院に行っているのに、本当にこれでよいのか不安になってしまいますよね。
本当は、早目の対応が必要なはずなのに…

では、牽引はいかがでしょう?
やはり、牽引も改善することはありません。
そもそもヘルニアになるのは、椎間板が圧迫している状態なので牽引することは、とても効果があるはずです。
当院でも牽引でヘルニアを改善させています。

病院の牽引と当院の牽引との違い

では、病院と当院の牽引はどこが違うのでしょうか。

病院の牽引 ⇒ ×

病院で行う腰椎椎間板ヘルニアの牽引は、骨盤にバンドを巻いて、足にオモリを下げて牽引します。

しかし、筋肉が硬くなっているため牽引の効果が得られません。
また、腰椎や骨盤がゆがんでいるという事実もあるわけですから、椎間板ヘルニアに対する牽引の効果はありません。

当院の牽引 ⇒ ○

当院には、
あなたと同じように痛み止めやブロック注射をしても良くならない方。
病院で牽引をしていたけれど、効果が得られなかった方。
手術は、怖いし不安だからという方が頼ってきています。

では、どのように椎間板ヘルニアが改善されるのでしょう!?

施術の手順
1. まずは硬くなった背中・腰・臀部(でんぶ)・脚の筋肉がほぐします。

2. 硬くなった腰椎椎間板を牽引しながら振り動かします。
牽引時の動画はこちら

3. 椎間板を牽引運動することで、水分が補給されて柔らかくなります。

4. 変形した椎間板を牽引して、出ているヘルニアを椎間板の中に戻します。

5. 痛みが取れてきたら、背骨や骨盤のゆがみを整えていきます。

【1~5の施術工程を繰り返します】

2.で出てきた可動式牽引ベッドとは、ベッドの角度を調整することで痛みが和らぐ角度で牽引できるベッドです。
また、ベッドが振り子のように上下に動くので、筋肉や背骨・椎間板に負担をかけずに椎間板をほぐせるのです。

ここがポイント!
椎間板のみを牽引することで、神経を椎間板の圧迫から解放できます。
ベッドが左右に曲がるので片側の痛みにも対応できます。
さらに、この可動式牽引ベッドは、背骨や骨盤の矯正も出来る装置が付いています。 当院に腰椎椎間板ヘルニアと言われた327名のうち、実に97.7%の高い確率でよくなっています。
5年ぶりに再発された方もいますが、1回の治療で治っています。

腰椎椎間板ヘルニアが改善されると、次のようになります。

  • 座っていても痛みが気にならなくなります。
  • 痛みやシビレが取れて腰や脚が軽くなります。
  • 立っていても痛みを気にしなくなります。
  • 腰の曲げ・伸ばしが楽になります。
  • 歩いても痛みやしびれが気になりません。

施術後に実行していただきたい対策方法はこちらです。

治療後に、何もしないのでは回復が遅れるだけです。
また間違った対策は、症状をこじらせてしまいます。

対策

  • あまり動かないで安静にしていましょう。
  • 寝る体勢は、痛みが和らぐ横向きがよいでしょう。
  • うつ伏せで寝る場合は、下腹部に枕かクッションを入れてみましょう。
  • コルセットを巻きましょう。(金属の板が入っていないもので充分です)
  • 就寝の際もコルセットをしましょう。(両手の指が入るくらいで)
  • 無理して腰を伸ばさないようにしましょう。
  • 椅子に長い間、腰掛けないようにしましょう。
  • 痛みが強いときは、運動や体操を控えましょう。
  • 起きるときは、横向きになってからゆっくり起きましょう。

腹筋や背筋を鍛えると、かえって悪化する場合があります。お勧めできません。
運動や体操は痛みが和らいできたら、無理せずに体を慣らす感じで少しずつ始めましょう。

腰椎椎間板ヘルニアチェック表

あなたは、その症状が気になりませんか?
見逃しがちな症状が、どの程度なのか気づくことが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアチェック表

  • 立つと腰が痛い。
  • 椅子に座っていると腰が痛む。
  • 腰・お尻周辺に痛みがある。
  • 朝、起き掛けに腰が伸ばしにくい。
  • ときどき、ぎっくり腰になる。
  • 咳やくしゃみをすると腰が痛い。
  • 脚からつま先にかけて痛む・しびれる。
  • 体を捻ると腰や足の痛みやしびれがある。
  • 腰を反らすと腰や脚に痛みやしびれる。
  • からだを前に倒すと、腰や脚が痛むまたはシビレがある。
  • 脚に力が入らない。(脱力感)
  • 寝るときに腰が痛い。
チェックの解説
0~4個
まだ、大丈夫です。ストレッチや体操をしておきましょう。
5~8個
要注意です。椎間板ヘルニアになるかもしれません。
念のために病院でレントゲンかMRIの診断を受けてください。
9~12個
椎間板ヘルニアになっている可能性があります。
すぐに治療をされた方がよいです。

施術間隔や期間は、個人差があります。
腰椎椎間板ヘルニアは、改善するまで少し期間が必要になる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアを改善させたい、相談したいと思う方はお電話を下さい。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ