【ご予約】TEL:045-847-5793

初めての方へ

カイロプラクティック治療が初めてのあなたへ

カイロプラクティックは、薬を使わず、主に手の治療になります。
関節の動き、歪み・皮膚・筋肉・神経などの状態を調べて治療を行います。
背骨を中心に筋肉・骨格を調整することで、神経系統の改善を図ります。
それによって、あなたの健康増進に貢献するものであります。

施術を受けるに当って、基準が判らず判断しにくいと思われます。
下記の様な症状がありましたら、整体に向いているかを是非ご確認ください。

主な症状
首・肩こり 主に首の歪みによる血行障害が原因です。整体が向いています。
腰痛 骨盤や背骨の歪みが主な原因です。整体が向いています。
ぎっくり腰 骨盤や背骨の歪みが主な原因です。整体が向いています。
寝違え 首の歪みや筋肉の硬直が原因です。整体が向いています。
手のしびれ 主に首の歪みが原因です。椎間板も原因です。整体が向いています。
足のしびれ 骨盤や背骨の歪み、椎間板が主な原因です。整体が向いています。
骨折 整形外科・接骨院で見てもらってください。
頭痛 まず、脳神経外科で検査をしてください。異常がなければ、整体が向いています。
めまい・耳鳴り 脳神経外科・耳鼻科で検査をしてください。異常がなければ、整体が向いています。
お腹の調子が悪い 内科で検査をしてください。女性の方は、婦人科も検査してください。特に異常がなければ、整体が向いています。
自律神経失調症 首のこり・肩こりがなかなか取れない。めまい、頭痛などが続く。または、寝つきが悪いなど。整体が向いています。
うつ病 自律神経を整えるため、整体が向いています。

カイロプラクティックは、万能ではありません。
以下の様な症状は、適していません。

癌(腫瘍)・伝染(感染)・骨折・脊椎カリエス・リウマチ・脱臼・椎間板脱出・脊髄損傷は、施術の対象外です。

次のような方は、ご来院をお勧めします。

当院で施術実績もあり効果のある症例です。
下記の症状が当てはまる方は、是非ご来院ください。

  • 寝ても疲れが取れない(7日以上)
  • 手や足のしびれ・痛み(7日以上)
  • 朝起きると腰が重い・腰が伸びない(1週間に3回以上)
  • 立っているのが辛い(30分以内)
  • 腰の痛みやだるさがある(1週間に3回以上)
  • 首の痛み・肩こりがある(1週間に3回以上)
  • 寝違えることがある(1年以内に3回以上)
  • めまいや耳鳴りがある(1週間に3回以上)
  • 眠れない・夜中に目が覚めてしまう。(1週間に2回以上)
  • 背中がつまる感じがある(1週間に1回以上)
  • 膝が痛い・正座が困難(7日以上)
  • 座っていると腰が痛い・腰がしびれる(7日以上)
  • 体じゅうが強張っている。(7日以上)
  • うつ病と診断された(2・3日以上)

注意事項

服装についてのご注意
  • なるべく動きやすい服装でお願いします。
  • 女性の方は、スカート以外で。
治療前のご注意
  • 飲食は、治療の1~2時間前に軽食で済ませて置いてください。
  • アメ・ガム等は、治療前に口から出してください。
  • トイレは、治療前に済ませてください。
  • ベルト・サイフ・小物類は、ポケットから出して治療の準備をしてください。
治療前のご注意
  • 治療前後のアルコールは、中止してください。(体調を崩す原因になります)
  • 治療後は、走ったり・スポーツ・重いものを持つの行為は、控えてください。
  • ご自分のペースでストレッチなどの運動を行ってください。
  • 痛みの激しい方は、安静にしてゆっくり休んでくださいね。

カイロプラクティックの上手な利用方法と改善目標

  1. 症状の改善
    急性など強い痛みや長い期間痛みが続いている慢性症状がある場合は、 最初の数回は約2~3日間隔の来院が必要な場合があります。

  2. 症状の軽減・改善
    痛みが無くなった又は軽くなった場合、ここで治療を止めてしまうと 痛みの症状が治まっただけで、まだ治った分けでは無いのです。 慢性症状の場合、長いこと歪んだ状態なので 関節が安定・筋力(柔軟性、張力)の回復が得られるまでは、 1~2週間に1度のペースが良いでしょう。

  3. 維持と予防
    ここからは、せっかく良くなってきましたので、体調管理の一環として 維持、予防が必要ですね。1~2ヶ月に1度のペースで十分でしょう。 常に心身ともベストな状態であなたの健康に貢献できると思います。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

TEL/FAX:045-847-5793
FAXでのご相談も受け付けています。
なお、転送になる場合があります。

椎間板ヘルニアの治療法
【椎間板ヘルニア 治療法】

身近にあるストレスの種類
【メディア掲載
心と体の不一致で起きる自律神経失調症】


↑このページの先頭へ